読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イメージに染まるまで……

Mac,iOSなどAppleの製品についての記事や、セキュリティだったりGTDの記事を書いています。

外付けディスクをどうしよう? 〜外付けディスク管理アプリ特集

Mac

f:id:nya-0:20160528092806p:plain

目次

はじめに

最近、クラウドストレージなどで出番が減ってはきていると思いますが、外付けディスク、外付けUSBスティックはまだ、使う時があります。

そんな外付けディスクですが、時々面倒な時がありませんか?

容量の警告が出るけど、そもそも容量なんていつもは見ないよ……

とか、

幾つかの外付けディスクを使っていると……そして、その幾つかのディスクを同時にPCに繋いでいると、いくつもの外付けディスクを、いちいち取り外しのための処理をする必要が出てきます。

(こうした実際にUSBなり接続を物理的に外すことをする前の、PCが取り外しの処理をすることをアンマウントとこれ以降は書きます。物理的に外付けディスクを取り外すことは、そのまま「取り外し」と書きます。)

Macなら、ゴミ箱のアイコンにドラッグアンドドロップすると、安全に取り外しをすることが可能になります。Windowsなら、「機器の安全な取り外し」からですね。

これは、外付けディスクを文字通り安全に取り外すために必要な処理で、これを行わずに突然取り出してしまった場合、障害が起こることが考えられます。

  • データの書き込みが正常に終了しておらず、外付けディスクのデータが破損する
  • (上の理由からくるのですが)そのため、繰り返されるとエラーが重なり外付けディスク自体が使えなくなる

こうすると、困りますよね。*1

けど、これをいくつものディスクでやると……

取り外すのが面倒臭い!

と思いますよね。

そんな悩みを持った方は、いらっしゃらないでしょうか。

ここでは、(Mac)OSXで使える外付けディスク(USBスティックも含みます)を管理するアプリを3つ、ご紹介したいと思います。

以下の3つのアプリは、私が実際に使ったものです。

  • unDock
  • CleanMyDrive
  • Drive

この3つを使ってみて、こんな機能はありがたいな、と思った点を挙げてみようと思います。

大まかな機能比較

まずは、大まかな機能を表にして比較してみましょう。どれも、メニューバーに常駐するアプリです。

重複することがあった機能があるので、それだけをまずはピックアップしてみます。

アプリ名 複数のディスクのアンマウント 容量の確認 通知
unDock Yes No unDockが作動した時
CleanMyDrive Yes Yes ディスクのマウント/アンマウントごとに通知
Drive Yes Yes ディスクのマウント/アンマウントごとに通知

これだけを見ると、いかにもunDockの機能が貧弱に思えてしまうかもしれませんが、それぞれの特徴を挙げてゆくと、自分にあったアプリを選ぶことができると思います。

個々のアプリの特徴的な部分

ここからは、それぞれ重複しない機能を紹介します。

unDock

f:id:nya-0:20160528095616p:plain

このアプリは、もともと一挙にすべての外部ディスクをアンマウントし、安全に取り外すためのアプリです。

設定をすれば、マウントしたDMGファイルの仮想ディスクや、ネットワーク上のディスクも、CD・DVDなどもアンマウントすることができます。

f:id:nya-0:20160528095714p:plain

そのため、一気に取り外すことに特化した機能があります。

それは、以下の2つです。

  • 除外ディスク
  • アンマウントのアンドゥ(取り消し)
  • ディスクのアンマウントのショートカットの設定

除外ディスクは文字どおり、unDockが一挙にアンマウントをする時に除外されるディスクを設定する機能です。

厳密に言えば、unDockはアンマウントするディスクを設定するので、除外ディスク機能ではないかもしれませんが……

これを使えば、基本的にいつでも付けている外付けディスクは取り外しをしないようにすることができます。

最近では、MacBook Air/Pro向けに ボディからはみ出ないSDカードが出ているので、これを常時付けている方などには便利ではないでしょうか。

また、アンマウントのアンドゥは、一度unDockがアンマウントしたディスクを再びマウントさせる機能です。

当然ですが、条件として

  • unDockを通してアンマウントした
  • 物理的な取り外しをしていない

ことが必要です。

また、ショートカットを設定すれば、ショートカットキーでunDockの機能を呼び出すことができます。

ショートカット一発ですべてのディスクがアンマウント、気持ちいいですよね。楽ですし。

そうすれば、あとは物理的についているものを外すだけです。

このような機能がありがたい場合、unDockがベストな選択肢になります。

CleanMyDrive

f:id:nya-0:20160528095754p:plain

このアプリは、第一の目的として、外付けディスクのジャンクファイルを削除するという目的があります。

この外付けディスクのジャンクファイルの削除が売りなので、まずはこれが重複しない機能としてオススメすることができます。

ただ、それ以外の機能として、すべての外付けディスクをアンマウントする機能があるということです。

f:id:nya-0:20160528095817p:plain

独自の機能としては、

  • (当然ですが)ジャンクファイルの削除
  • スリープ時にディスクを自動的にアンマウントする

以上の2つでしょう。

下の「スリープ時にディスクを自動的にアンマウントする」機能は、CleanMyDriveの環境設定から設定できます。

f:id:nya-0:20160528095837p:plain

Drive

f:id:nya-0:20160528095914p:plain

このアプリは、外付けディスクは当然ですが、内蔵ストレージの容量の監視にも向いています。

メニューバーのアイコンが、内蔵ディスクの残り容量になっています。

独自の機能としては、

  • 内蔵ディスクの容量の監視
  • クラウドストレージの容量の監視

ディスクの取り外しなどもできますが、主な用途としては容量の監視になるでしょう。

アプリのUI自体がそのために作られていますし、他の機能は管理のために便利だからある、と受け取ることができます。

クラウドストレージの容量を簡単に確認することができるというのは強みです。

f:id:nya-0:20160528100000p:plain

対応しているクラウドストレージは、Drive Ver.1.3現在、3つです。

代表的なサービスで、利用していらっしゃる方も多いと思います。

こうした機能に魅力を感じる方は、Driveを選ぶとよいでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

もちろん、他にもアプリの選択肢があるかもしれませんが、たった3つでもこれだけの違いがあり、どれも非常に魅力的な機能を持っています。

外付けディスクの管理に頭を悩ませていらっしゃる方の参考になれば。

参考サイト

  • unDock

unDock- The Ultimate Eject Utility
unDock adds a simple but critical piece of functionality to your Mac- an "Eject All" shortcut with s ...

unDock

unDock

  • Thomas Metge
  • ユーティリティ
  • ¥240

無料のLite版もありますが、様々な機能が削られています。Liteを試して、さらに高度な機能を利用したい場合、unDockを購入するというのもいいと思います。

unDock Lite

unDock Lite

  • Thomas Metge
  • ユーティリティ
  • 無料

  • CleanMyDrive

CleanMyDrive 2: Manage and Clean External Drives
A lightweight drive manager for Mac ...

  • Drive

HALFBIT - Amazing Mac Apps

Drive - External Drive Manager

Drive - External Drive Manager

  • HALFBIT Ltd
  • ユーティリティ
  • ¥480

*1:ちなみに、PCを電源ボタンから強制終了させる時も同様で、データの書き込みが正常に終わらないことが重なると、最悪起動が不可能になることがあります。外付けディスクの取り外しは取り外しの処理をしてから取り外しを、PCは(フリーズして完全に動かなくなってダメな時以外は)正常に終了をさせましょう。