読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イメージに染まるまで……

Mac,iOSなどAppleの製品についての記事や、セキュリティだったりGTDの記事を書いています。

これは便利!QBlocker 〜Macの終了ショートカットをブロックするアプリ

Mac

最近見つけたアプリで、非常に有用なものをご紹介します。

名前はQBlocker

機能は、OSXの終了コマンド、Command + Qをブロックするというものです。

f:id:nya-0:20160514114854p:plain

代わりに、しばらくCommand + Qを押し続けるようになり、間違って終了のコマンドを触ってしまい、アプリが終了することを防ぎます。

かなりの数の操作をキーボードのショートカットで行っているMacユーザーは分かると思いますが、Command + Qとウィンドウを閉じるCommand + WのコマンドのQとWが近くて間違って触ってしまうということがあると思います。

これを防ぐアプリは今までもあったと思いますが、私が触ったものではこれがシンプルでベストだと感じました。

QBlockerは、最初にアクセシビリティへのアクセスの許可を求めてきます。

f:id:nya-0:20160514115048p:plain

これを有効にすると、QBlockerが機能するようになります。

f:id:nya-0:20160514115101p:plain

QBlockerは、起動しておくだけで効果を発揮し、メニューバーに常駐します。

f:id:nya-0:20160514115112p:plain

除外アプリを設定すれば、Command + Qを長押しする必要のないアプリも設定できます。

f:id:nya-0:20160514115121p:plain

+ボタンで追加、−ボタンで除外アプリから削除です。

Command + Qを押すと、QBlockerがポップアップを出し、長押しする必要があることを知らせてくれます。

f:id:nya-0:20160514115130p:plain

私が使用した限り、効果のなかったアプリはありませんでした。

間違って触った時は一瞬これが表示されるだけですし、必要な時はそのままCommand + Qを押し続ければいいのです。


ちなみに、キーボードリマップツールKarabinarでも同様の効果を発揮するCommand + Qを長押しにする設定があります。

ただ、このQBlockerのようにポップアップが出ることはないので、好みで使い分けてもいいと思います。


Command + QとCommand + Wを間違って押してしまって困っている方、今のところは無料ですし、試してみてはいかがでしょう。

参考サイト

  • QBlocker

QBlocker | Block CMD+Q Quitting Apps
Never accidentally quit an app again ...
Never accidentally quit an app again