読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イメージに染まるまで……

Mac,iOSなどAppleの製品についての記事や、セキュリティだったりGTDの記事を書いています。

XQuartzを最初から読み込ませないようにする

Mac Tips

タイトルのままですが、XQuartzを起動時に読み込ませないようにする設定をTerminalから行う方法です。

OSXX Windows Systemを使おうとすると、XQuartzを入れることになります。特に、コマンドラインを使っている時に要求されることがあって、どうしても入れることになることにも。

ただし、必要だと言われても、私はHomebrewで様々なパッケージを入れる時にちょっとエラーが出たから入れただけで、あとはほとんど使うことはないのです。

XQuartzは、インストールすると標準で読み込まれるようになります。最初から読み込まれる意味がない、必要な時だけ呼び出したいという場合の対処法を書いておきます。

使うのは、launchctlコマンド。OSXが読み込む/Library/LaunchAgents/や、~/Library/LaunchAgents/などからの読み込みを制御するコマンドです。

XQuartsは通常、/Library/LaunchAgents/以下にorg.macosforge.xquartz.startx.plistをインストールするので、この読み込みを無効化します。

Terminalを開き、cd /Library/LaunchAgents/で該当するディレクトリに移動。ここで、launchctlコマンドを打ち込みます。コマンドは以下の通り。

launchctl unload -w org.macosforge.xquarts.startx

これで、これ以降(Mac)OSXが起動する時に、自動的にXQuartzが読み込まれなくなります。

戻す場合、

launchctl load org.macosforge.xquarts.startx

になります。

削除するという手もなきにしもあらずですが、安全に無効にすることができるのがこの方法です。アクティビティモニタなどでプロセスを確認してみると、出なくなっているはずです。

参考サイト

XQuartz