読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イメージに染まるまで……

Mac,iOSなどAppleの製品についての記事や、セキュリティだったりGTDの記事を書いています。

私がそれでもPagesを使う理由

Mac

f:id:nya-0:20141212173736p:plain

はじめに

Appleの提供するワードプロセッサー、Pages。

でもこれ、あまり評価がされていません。特に日本語環境では、縦書きができないとのことで酷評を受けることも。

しかし、私はPagesを評価する観点は違うのだと考えています。Apple Pagesは、Microsoft Wordとは別の魅力を持っていると思います。

ここでは、個人的にPagesに優位性を感じるところを書いてみたいと思います。

美しい文書

Pagesには確かに縦書き機能や、ページの文字数をきっちりと決めるといった機能がありません。

しかし、文字数などの些細な要素を忘れて、画像、図などもふんだんに使った説得力のある文書を作ることができると考えています。

画像を入れた際に、文字を重ねるのも簡単に制御できます。

私はWordを使っているときにインターフェイスのごちゃごちゃしたのがストレスになるのもあって、こうした操作が煩雑に感じてしまうのです。

テキストのスタイルの整形

Pagesは、一括したテキストのスタイルの管理が非常に便利です。

右側のサイドバーに表示されるものですね。

f:id:nya-0:20141212173754p:plain

Pagesは、テキストの設定でインデント、フォントなどの設定をします。

例えば、「本文」などのスタイルで、段落のインデントや本文のフォントを設定しました。(インデントは「レイアウト」のところからの設定です)

でも、日本語の文書ですと、明朝体のほうがフォーマルですよね。ここで、本文に該当する部分を一部選択して、明朝体に設定しましょう。すると、横にアップデートのボタンが現れます。アップデートを押してみると、下の方で本文に設定してあった文書ごと設定が変更されます。(下のGIFで確認してみてください)

f:id:nya-0:20141212173815g:plain

この「一括して管理できて、一度変更すると、それだけで他にも適用される」という機能は個人的にはかなり便利です。Wordにも似たような機能があったような気がしますが、アクセスしやすい場所に機能があって、この設定はiOSのPagesにも引き継がれるのもあって、一度文書の中で設定してしまえば楽になりますよね。

他のエディタの場合、指定してあるものが一括で変わるのではなく、行ごとに設定しなければならない場合が多く、面倒になることがあります。

ここは、個人的にはPagesを評価しています。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

あまり評価がよろしくないPagesですが、こうして使ってみると、評価すべき点がいくつかあるのではないでしょうか。とにかく、細かい設定をしなくても勝手に文書の見た目が綺麗になってくれているというのは、かっちりと縦横何文字というものではない限り、かなり便利ではないかと思います。

最近のAppleのデヴァイスには、全て付いてきますし、ものによっては、Pagesを試してみてはいかがでしょうか。

縦横何文字の文書はiText Proをどうぞ……(以前ご紹介しました)

最強の日本語環境エディタ、iText Pro - イメージに染まるまで……