読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イメージに染まるまで……

Mac,iOSなどAppleの製品についての記事や、セキュリティだったりGTDの記事を書いています。

あまり知られてない?WriteRoomの便利なトラッキング機能

Mac

f:id:nya-0:20140612200218p:plain

WriteRoomといえば、OSXのフルスクリーンで使えるシングルタスクなエディターですね。画面いっぱいが書くスペースになって、他のものを遮ってくれます。それが、あまり集中出来ない時に大きな助けになってくれることがあって、愛用しているエディタです。

拡張性があり、テーマをインストールすることで画面の見え方を大きく変えることも出来ますし、同じようにシングルタスクなエディタの有名どころ、BywordやOmmWriterとはまた違った使い心地を提供してくれます。

ちなみにこのWriteRoomとOmmWriterはOSXがフルスクリーンを搭載する前からフルスクリーンのエディタとして名を馳せていました。そんな評価が固まっているエディタを使ってみることも、良いのではないでしょうか。

そんなWriteRoomですが、あまり使われていないんじゃないかと思っている機能があります。それが、書いているテキストファイルのセッション保存機能です。

セッションの保存は、新しいファイルを作成すると自動で行われます。また、CSV形式なのでAppleのNumbersやMicrosoftのExelなどで閲覧することも可能です。保存される情報は以下の通りです。

  • ファイルの文字数
  • 行数
  • 単語数
  • セッションの開始時間
  • セッションの終了時間
  • セッション中の文字数
  • セッション中の行数
  • セッション中の単語数

となっています。この情報を利用すれば、簡単に自分の書いた文字数が把握出来るので、ログのような形で利用することが出来ます。

使い方は簡単です。メニューバーの"File"メニューから"Record Session in Spredsheet"にマークがついているかどうか確認するだけ。"Begin New Session"で手動でセッションの開始。"Reveal Sessions Spredsheet in Finder…"でWriteRoomが記録しているCSVファイルの保存されているディレクトリをFinderで開いてくれます。

f:id:nya-0:20140612190913p:plain

自分の書いている文字数を知りたい方は、この機能を使えばすぐに把握することが出来ます。

ちなみにFinderで記録されたCSVファイルは、QuickLookで簡単に閲覧することが出来ます。OSXのQuickLookはCSVファイルを表の状態で見せてくれるからです。ファイルのQuickLookは、ファイルを選択した状態でスペースキーを叩くだけ。

f:id:nya-0:20140612191126p:plain

こんな感じで表示されます。

知らなかった方は、是非活用してくださいね。

WriteRoom

WriteRoom

  • Hog Bay Software
  • 仕事効率化
  • ¥1,200

開発者の方のページ

http://www.hogbaysoftware.com