読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イメージに染まるまで……

Mac,iOSなどAppleの製品についての記事や、セキュリティだったりGTDの記事を書いています。

OSXのDockは隠さないほうがいいと思う理由……

Mac

f:id:nya-0:20140603181738j:plain

Photo by The Verge

リデザインされたOSXのDock


あなたは、(Mac)OSXのDockは表示していますか?画面が小さいから隠す?それとも邪魔でしょうか?

私は、隠すのはもったいないと思います。OSXのDockは、非常に重要な役割を持っているのではないでしょうか。ここではOSXのDockについて、ちょっとだけ隠さなくていいかな、と思えるような意見を書いてみたいと思います。

OSXの重要な機能のホスト

実は、OSXのDockはOSXの機能の重要な部分を担っています。ただの飾りではありませんし、ただのGUIランチャーではありません。Mission Controlなどのデスクトップ / ウィンドウ管理の中核をDockがしているのです。

試しにアクティビティモニタでDockのプロセスを見てみましょう。アクティビティモニタの表示を階層表示にすると、分かります。表示のしかたは、アクティビティモニタのメニューバー、「表示」の「すべてのプロセス(階層表示)」です。

f:id:nya-0:20140603182231p:plain

Dockの階層を見てみると、com.apple.dock.extraというプロセスがあるはずです。これが、Mission Cotrolなのです。つまり、デスクトップの枚数を増減させたり、壁紙をデスクトップ毎に変えてくれていたり、ウィンドウのExposéなどを司っているプロセスになります。

f:id:nya-0:20140603182241p:plain

では、これを実感してみましょう。そのためには、Dockを再起動してみるのが一番よく分かります。Terminalからコマンドを打ち込んでみましょう。

Finderのアプリケーションフォルダからでも、LaunchpadからでもいいのでTerminalを開きます。そして、以下のコマンドを入力します。

killall Dock

すると、Dockが自動的に再起動します。その直前、プロセスがkillされたときに壁紙も真っ白になるはずです。

デスクトップの機能を、Dockが担っていることが分かりますね。

Dockとユーザーエクスペリエンス(UX)

もうひとつの観点は、DockはOSXのユーザーエクスペリエンスに大きく貢献してきたのではないかということです。

Dockの見た目だけの機能をもう一度確認してみましょう。アプリを起動しようとするときに、アイコンが跳ねています。そして、インジケーターランプが下に灯ってアプリが起動しているかどうかを表示していますよね。

f:id:nya-0:20140603182253p:plain

ただそれだけです。しかし、これが重要だと私は思います。

今でこそ、SSDが一般化して、アプリの起動が速くなっています。しかし、そうではなかった時代はどうだったでしょうか。CPUの演算能力もそこまで高くはなく、HDDを利用している時代だったら……?本当にOSXが動いてくれているのかを確認する術は、Dockのアイコンが跳ねているかいないかだったはずです。

そういう意味で言えば、OSXが自分の言うことを聞いてくれているかという実感を持たせてくれる、ひとつの重要なインターフェイスだったと言えるはずです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

あくまで私の意見ですが、私はこういった理由からOSXのDockを隠していません。また、このような機能を担っている限り、OSXからDockが消えることも、しばらくはないと思っています。

ちょっとでもDockに愛着が湧いたなら、幸いです。すぐにDockを隠さないで、しばらくDockの働きを見てみてはいかがでしょうか。