読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イメージに染まるまで……

Mac,iOSなどAppleの製品についての記事や、セキュリティだったりGTDの記事を書いています。

Safariをもっと使いたくなる?リーダー機能

Mac iOS Tips Browser

ここでは、Safariのリーダー機能を抜き出してご紹介したいと思います。

みなさんは、OSXでもiOSでもSafari以外のブラウザを使っているでしょうか。もちろん、私もOSXではSafari以外にも、Firefox,Operaを使っています。しかし、iOSではSafariのみ。

なぜでしょうか?

ブックマークの同期?それならGoogle Chromeだって、Firefoxだって、Operaだってできます。もうひとこと付け加えるなら、Chromeのほうがブックマークの同期も、タブも、履歴も同期は早いです(今は使っていませんが、実験済み)。

ではほかには?Safariにどんな優位性があるというのでしょうか。アップデートの速度などを考えると、FirefoxChromeのほうがどんどん性能が良くなっていると思います。単純にマルチプラットフォームで使うことを考えると、SafariOSXiOSでしか使えません。しかし、それでもSafariを使う理由があります。

それは、リーダー機能です。

リーダー機能とは、ウェブページの読むための要素を抽出してくれる機能です。文章、写真など、記事に集中して読めるようにしてくれるのです。InstapaperやPocketなど、あとで読むサービスであるような、記事のみを表示してくれるような見かたができます。

リーダー機能をONにすると、このような画面になります。

f:id:nya-0:20140414181144p:plain

PCだといらないかもしれませんが、iOSの画面……とくにiPhoneの画面の大きさならばこの表示は便利でしょう。

使いかた

使い方は簡単です。Safariが勝手に必要なページでリーダー機能がONにできるところと、できないところを判断してくれています。

(Mac)OSXSafariの場合ですと、リーダー機能をONにできるページになったときにボタンが押せるようになります。

f:id:nya-0:20140414182904p:plain

フォントの大きさは調整できますので、自分の読みやすいように変えるとよろしいかと。

f:id:nya-0:20140414183052p:plain

iOSでしたら、該当するページでURLバーの左側にあるマークを押すと、リーダー機能がONになって、見やすくなります。

f:id:nya-0:20140414183155p:plain

いかがでしょうか。iPhoneなどの小さな画面なら、このほうがよくないでしょうか。意外とウェブページの要素が占める割合というのは大きいものですよね。

まとめ

Safariのリーダー機能を使っていないのは、非常にもったいないことだと思います。意外と忘れられがちな機能ながら、非常に使えるものだからです。

この記事が心のどこかに残っていたら、Safariにはリーダー機能があったんだ、ということを思いだして、使ってみてください。では。